1. TOP
  2. FX
  3. シストレ24のフルオート・ストラテジーの選び方・注意点 | FX自動売買

シストレ24のフルオート・ストラテジーの選び方・注意点 | FX自動売買

FX この記事は約 6 分で読めます。 220 Views

初心者やちょっと勉強した人が自力でFXをやるとほぼ負けます。
そこでおススメするのがFXの自動売買。
FX自動売買にはさまざまなツール・システムがありますが、初期費用がかからずすぐに始められ、おススメなのがインヴァスト証券の「シストレ24」です。

「シストレ24」で初心者がFX取引を行うなら「ストラテジー」か「フルオート」がいいでしょう。

そこでシストレ24を利用して一番最初に悩むのが「どのストラテジー・フルオートを選ぶのか?」ではないでしょうか!?

できることなら「すぐに低リスクで利益を出したい」と考えるのではないでしょうか?

ここでは「ストラテジー」「フルオート」の注意点と選び方を紹介します。

 

フルオート選びでチェックしたいポイント

フルオートではいろいろな人のオリジナルの設定があり、自動的にストラテジーを入れ替えてくれます。

フルオートのトップ画面には、「グラフ(実現損益)」と「実現損益」「収益率」「最大リスク」「運用資金」が表示されています。
「実現損益」は「運用資金」によって変わりますのでここで注目したいのが、「グラフ(実現損益)」と「収益率」「最大リスク」。

 

・「グラフ(実現損益)」
安定的に右肩上がりが理想的。凸凹は好ましくない。
6ヵ月、12ヵ月の期間でグラフをチェックしてみましょう。
また水平の線が長いということは含み損を抱えたままの状態が続いているということ。
為替が戻ってプラスで決済できればいいですが、その間に暴落が起こると大損するリスクがあります。
ストップロスを行うストラテジーを選ばないシステムだと水平線が多くなることがあります。

 

・「収益率」
低いよりは高い方がいいですが、収益率が高いということはリスクも高い可能性があります。
1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月、稼働以来の期間で収益率をチェックできます。

 

・最大リスク
一番利益が出たところから、損失が出て累積損益が減少した「落差」を最大のリスクとして捉えます。
収益率が大きいものは最大リスクも大きくなる傾向にあります。
まずは最大リスクが小さいものを選ぶのが良いでしょう。

収益率や最大リスクで並び替えができますのでまずは「最大リスク」で降順でソートして候補を絞り込みましょう。
ただし最大リスクは現時点までの値なので将来、大きくなり大損する可能性はあります。

 

フルオートの選び方

フルオートには「通常フルオート」と「俺のフルオート」があります。

すぐに低リスクで利益を出したい」という観点でフルオートを見つけるためには

1.6ヵ月または12ヵ月の期間で最大リスクを降順で並び替えます。
2.グラフが右肩上がりのものを探します。

グラフが平行が多いものは避けましょう。
「収益率」が高くても最初だけ一気に利益を得て最近は横ばいというものもあります。
収益率が多少低くても右肩上がりの方が今後の収益も期待できます。

右肩上がりのグラフは「俺のフルオート」の方が多いように思います。
例えば、「FFFKT」とか「Risky Flow」など。

 

ストラテジーから選定する

どのような点に注意してストラテジーを選定するかを考えてみましょう。

単にストラテジーの収益率が高いからといって今後も高い収益率が続くとは限りません。

どのストラテジーを使うかは、リスクを十分認識する必要があります。
リスクが高いストラテジーは収益を上げていてもある時一気に利益を減らすことがあります。
ストラテジーを検証する上で重要なのが今までのパフォーマンスより今後起こりうるリスクなのです。

それぞれのストラテジーでどのようなリスクがあるのでしょうか?
ストラテジーをクリックするとある程度の詳細が分かります。

〇損益曲線
曲線は滑らかに右肩上がりが理想的。凹凸が大きいのは好ましくない。
長い平行ラインがあるのはあまり好ましくない
平行ラインは含み損を抱えている状態。
相場が戻ればいいですが、戻らないと大損する可能性があります。

↑損益のラインが平行の期間が長いのは要注意。

 

〇運用期間
最低でも半年以上は運用しているものから選びましょう。
情報不足でバックテストも確認できないのである程度運用したフォワードテストを確認できる方が良いです。

 

〇最大ドローダウン
最大資産から落ち込んだ場合の最大の下落をpipsで表します。
推奨証拠金に対して最大ドローダウンが大きいのは問題です。

また最大ドローダウンが0または小さすぎるのも要注意です。
最大ドローダウンが0ということは今まで一度も負けていないということ。勝率は100%。
つまり含み損を抱えても損切りをしないということは非常に大きなリスク。
思惑通りに為替が動かなかったら大損することもあります。

最大ドローダウンは現時点での実績なので今は値が小さくても将来、大きなドローダウンが発生する可能性はあります。

 

〇勝率
勝率100%だったり90%以上は要注意です。
100%予想が当たるシステムはないので今までは含み損を抱えても損切りしなかったということになります。
損益曲線が平行ラインがある場合は含み損があることを表しています。

勝率100%ということは今でも含み損を抱えたままかプラスになるまで相場が戻って利益確定できたのでしょう。
もし思惑と反対方向に大きく為替が動いた場合、大きな損失を出すことになります。
適切に損切りするシステムが理想です。

一般的な勝率は50%~80%程度です。
最低でも半年以上の運用実績を見たいですね。

↑利益は出ているが「最大ドローダウン:0」「勝率:100%」は大きなリスク。

 

〇プロフィットファクター
プロフィットファクターとはストラテジーの成績によって得られた総利益と総損失の割合です。
計算式は「総利益÷総損失」です。

この値が 1以上のストラテジーは利益を出していると判断できます。
勝率100%の場合はゼロになります。プロフィットファクターが2.0を超えるものは、十分な回数を評価できていないかあるいは少し甘い評価をしていると考えたほうが賢明です。

プロフィットファクターが1.5~2.0位であれば、リスクは低いとされています。

 

今のところシストレ24には理想的なストラテジーはありません。
しいて言えば「OnTheRiver[EURAUD]」などはそこそこ良いと思います。

インヴァスト証券の「シストレ24」をチェック!

本気でFX自動売買をしたいならやはりFX自動売買EAの方がよいと思います。

 

\ SNSでシェアしよう! /

分散投資ナビ | ローリスク高利回り案件の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

分散投資ナビ | ローリスク高利回り案件の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • FX自動売買ソフトで長期的に高利回りを狙えるおススメEA

  • 稼げるFX自動売買ソフトEAの簡単な探し方5つポイント&おススメEA

  • Beatrice DELTA2のリスクを徹底分析 | FX-EA長期運用は可能か!?

  • FXで副業-試して分かった!勝てるFX自動売買の選び方・やり方

  • FX EA ユーロエーンEURJPYの評価&おススメしない理由!?

  • 自動売買トライオートFX(インヴァスト証券)をおススメしない理由